浸水対策のポイント

浸水対策は日ごろから行う

ここ最近の工業情報

汲み上げポンプで浸水対策 

地下室や地階を施工してある一戸建てには、ドライエリアが施工されていることが多いです。ドライエリアには雨水が入り込みますので、雨水を汲み上げるポンプが設置されています。汲み上げポンプは浸水対策にも有効で、地下室を施工していない一戸建てにも施工することができます。床下収納を施工して利用している場合や、床下の配管まわりを保護するために汲み上げポンプを設置しておくと、浸水対策にもなりますので、新築に限らずリフォームの際に検討すると良いでしょう。