工業と医療の内視鏡

工業用の内視鏡について

ここ最近の工業情報

工業用内視鏡について 

工業用内視鏡とは、ファイバースコープと呼ばれるとても狭いところでも、中の状態を観察することが可能なスコープのことをいいます。現在では,様々な企業がこの工業用内視鏡を開発、販売をしています。このファイバースコープについて詳しく知るには、インターネットなどで検索し、製品を開発、販売している企業のホームページに載っている製品の紹介ページを読んで知ることができます。企業によってファイバースコープの性能や、機能、料金などに違いがあるので、時間をかけてよく調べて、自分が納得がいくまで比較して、購入する製品を決めることが大切です。

内視鏡の仕組みと応用 

内視鏡は主に体の中を直接見るために使います。カメラがついている先端部からの画像を可動性のラインを通じて、手元の出力装置に伝えます。最近はカメラから無線でデータを送るものもあります。災害時の被災者発見にも応用されています。工業用内視鏡は隙間から内部の対象に接近して、肉眼と同様に観察すると言うことで、目的は医学と同じです。ただし、医学用の場合は人体を通るので、たとえば腸内を観察するためには容易に折れ曲がることが要求されますが、工業用では小さな隙間から、いかに対象に近づき、対象の周りを観察できるかが要求されています。そのため、暗部でも観察可能なカメラを用いた製品もあります。また高解像度に対応するためにファイバースコープの代わりにリレーレンズを使った製品もあります。

歯車におさまっててたまるか!