安全で低コストの足場

リフォームに大切な足場

ここ最近の工業情報

足場の組み立てに関する資格 

労働安全衛生法には、国家資格の作業主任者の一つに足場組み立て等作業主任者を規定して労働災害の防止を推進しています。この主任者となるためには、専門の技能講習を受けて資格取得者となり、それから事業者より選任されることでなることが出来ます。なお受講資格には三つの条件があります。一つ目は足場の組立てや解体又は変更に関する作業を3年以上従事した者です。二つ目は大学・高校等で土木、建築又は造船に関する学科を卒業して後、2年間組立てや解体又は変更に関する作業に従事した者です。三つ目は、その他厚生労働大臣が定める者です。

ワークプラットホームを利用する 

従来、ビルやマンションの改修工事を行う場合は、全面に足場を組んでシートを貼って作業をしていました。このため、居住者にとって、光や風が通らない・洗濯物が干せない・プライバシーが侵害される・防犯上の心配があるなどのストレスを抱えることになっていました。ワークプラットホームを利用することで、全面を囲い込む必要がなくなるので、今までより快適に過ごせるようになります。また、ワークプラットホームは、作業をする側の安全性も向上し、足場の組み立て時間も約半分になり、作業人員も約1/3ですみます。