刻印の意味と使い方

刻印の意味と使用について

ここ最近の工業情報

刻印の意味と使用方法 

刻印は印を彫るという意味でマーキングとも呼ばれます。おそらく人が物を所有すると言う概念を持った頃からの習慣でしょう。彫られるものは様々でダイヤモンドやルビー、エメラルドやサファイアなどの宝石、貴石のカラット数やプラチナ、ゴールド、シルバーの含有量や純度を示したり、時計やカメラのシリアルナンバーも刻印です。また、結婚指輪やジュエリーの裏や内側に相手の名前や記念日などを彫るのもそうです。刻み込んで忘れないようにする、所有している証とも言えます。